SKIP

REPLAY

九電不動産の次世代オール電化分譲マンション グランドオーク六ツ門(仮称)プロジェクト始動 九電不動産の次世代オール電化分譲マンション グランドオーク六ツ門(仮称)プロジェクト始動
CONCEPT
地を逢し、知を纏う。
                                                    久留米城下町へつながる門を構えていた「六ツ門」。
                                                     かつて人々が行き交う賑わいは現代にも受け継がれ、
                                                     池町川の流れを抱くように情緒ある暮らしが育まれてきました。
                                                     春には、川辺や東町公園の桜を眺め、
                                                     夏には、川風に涼み、祭りを楽しむ。
                                                     古くから人々に親しまれ、
                                                     憩いの地として愛されてきた六ツ門界隈。
                                                     中でも明治通りの喧騒から一歩入ったこの地は、
                                                     東町公園から続く池町川のほとり。
                                                     西鉄「久留米」駅へ徒歩七分の地でありながら、
                                                     閑静で趣が残る地です。
                                                     明治期から女子教育や医療の拠点として栄え、
                                                     日吉小学校、諏訪中学校、久留米シティプラザなど
                                                     恵まれた教育・文化施設や医療環境が、
                                                     その歴史を継承するように集約されています。
                                                     培われた安らぎと豊かな利便性を携え、
                                                     新しいマンションプロジェクト
                                                     「グランドオーク六ツ門(仮称)」が誕生します。 地を逢し、知を纏う。
                                                     久留米城下町へつながる門を構えていた「六ツ門」。
                                                     かつて人々が行き交う賑わいは現代にも受け継がれ、
                                                     池町川の流れを抱くように情緒ある暮らしが育まれてきました。
                                                     春には、川辺や東町公園の桜を眺め、
                                                     夏には、川風に涼み、祭りを楽しむ。
                                                     古くから人々に親しまれ、
                                                     憩いの地として愛されてきた六ツ門界隈。
                                                     中でも明治通りの喧騒から一歩入ったこの地は、
                                                     東町公園から続く池町川のほとり。
                                                     西鉄「久留米」駅へ徒歩七分の地でありながら、
                                                     閑静で趣が残る地です。
                                                     明治期から女子教育や医療の拠点として栄え、
                                                     日吉小学校、諏訪中学校、久留米シティプラザなど
                                                     恵まれた教育・文化施設や医療環境が、
                                                     その歴史を継承するように集約されています。
                                                     培われた安らぎと豊かな利便性を携え、
                                                     新しいマンションプロジェクト
                                                     「グランドオーク六ツ門(仮称)」が誕生します。
六ツ門町の系譜
                                                     時は久留米藩時代。
                                                      城下町への物資の運搬手段として
                                                      活躍したのが大八車です。
                                                      しかし、人々の安全のために、
                                                      城下町内では大八車を夜中に曳くことを
                                                      禁止する法令が出されました。
                                                      そこで「六ツ門」には、門と番所が設けられ、
                                                      大八車の通行を明け六つ(午前六時)から
                                                      暮れ六つ(午後六時)に制限。
                                                      一九七〇年代初頭、この歴史に由来し、
                                                      日吉町、西町、小頭町、東町の各一部を
                                                      合わせたエリアを「六ツ門町」と命名、
                                                      今も人やモノが行き交う要衝として
                                                      知られています。
                                                      参考:久留米市史・久留米城物語 六ツ門町の系譜
                                                      時は久留米藩時代。
                                                      城下町への物資の運搬手段として
                                                      活躍したのが大八車です。
                                                      しかし、人々の安全のために、
                                                      城下町内では大八車を夜中に曳くことを
                                                      禁止する法令が出されました。
                                                      そこで「六ツ門」には、門と番所が設けられ、
                                                      大八車の通行を明け六つ(午前六時)から
                                                      暮れ六つ(午後六時)に制限。
                                                      一九七〇年代初頭、この歴史に由来し、
                                                      日吉町、西町、小頭町、東町の各一部を
                                                      合わせたエリアを「六ツ門町」と命名、
                                                      今も人やモノが行き交う要衝として
                                                      知られています。
                                                      参考:久留米市史・久留米城物語
池町川の軌跡
                                                      西鉄「久留米」駅付近に端を発し、
                                                      街の中心部を流れる池町川。
                                                      戦前は湧水を源流にした川でしたが、
                                                      高度成長時代にはその美しさを喪失。
                                                      しかし、戦後の復興都市計画で
                                                      川幅が約二倍になると、位置も南側に移り、
                                                      水源は筑後川に求められました。
                                                      その後、街を愛する人々の手で、
                                                      清掃や鯉の放流、街路灯の設置などが進み、
                                                      市民の憩いの場へ。翠く美しい水面、
                                                      悠々と泳ぐ鯉、川風にそよぐ潤いの緑。
                                                      夏祭りに集う人々も川辺の景色となり、
                                                      この川を中心に情緒豊かな暮らしが営まれています。
                                                      参考:広報くるめホームページ(久留米市) 池町川の軌跡
                                                      西鉄「久留米」駅付近に端を発し、
                                                      街の中心部を流れる池町川。
                                                      戦前は湧水を源流にした川でしたが、
                                                      高度成長時代にはその美しさを喪失。
                                                      しかし、戦後の復興都市計画で
                                                      川幅が約二倍になると、位置も南側に移り、
                                                      水源は筑後川に求められました。
                                                      その後、街を愛する人々の手で、
                                                      清掃や鯉の放流、街路灯の設置などが進み、
                                                      市民の憩いの場へ。翠く美しい水面、
                                                      悠々と泳ぐ鯉、川風にそよぐ潤いの緑。
                                                      夏祭りに集う人々も川辺の景色となり、
                                                      この川を中心に情緒豊かな暮らしが営まれています。
                                                      参考:広報くるめホームページ(久留米市)
桜並木の情景
                                                      冬が過ぎると、
                                                      ここには特別な春がやってきます。
                                                      池町川の両岸にある里桜が一斉に咲き、
                                                      小川にかかる桜のアーチのような
                                                      情景を描き出します。
                                                      川沿いに位置する東町公園の桜も美しく、
                                                      咲き始めから満開まで、
                                                      わが庭のように満喫できることでしょう。
                                                      初夏の新緑、秋の紅葉と
                                                      四季折々に散策の愉しみが変わり、
                                                      水面に映る景色もそれぞれに風情があります。
                                                      都市に開放感をもたらす
                                                      川や公園の豊かな佇まいは、
                                                      自然を敬い、共に暮らしてきた方々の
                                                      想いの結晶です。 桜並木の情景
                                                      冬が過ぎると、
                                                      ここには特別な春がやってきます。
                                                      池町川の両岸にある里桜が一斉に咲き、
                                                      小川にかかる桜のアーチのような
                                                      情景を描き出します。
                                                      川沿いに位置する東町公園の桜も美しく、
                                                      咲き始めから満開まで、
                                                      わが庭のように満喫できることでしょう。
                                                      初夏の新緑、秋の紅葉と
                                                      四季折々に散策の愉しみが変わり、
                                                      水面に映る景色もそれぞれに風情があります。
                                                      都市に開放感をもたらす
                                                      川や公園の豊かな佇まいは、
                                                      自然を敬い、共に暮らしてきた方々の
                                                      想いの結晶です。
LOCATION
明治通りの利便性と、六ツ門町の賑わいを傍らに、静寂と安らぎの地に佇む私邸。 明治通りの利便性と、六ツ門町の賑わいを傍らに、静寂と安らぎの地に佇む私邸。

ACCESS


PLAN
  •  
  •  
  • ■掲載のイラストは、計画段階の図面と周辺環境をイメージして描いたもので、実際と異なります。
  • ■掲載の地図は略図につき一部施設や道を省略しております。また、2019年7月現在の情報で将来変わることがあります。
  • ■掲載の写真は、場所表記以外、池町川周辺(2019年4~5月)で撮影したものです。
  • ■徒歩分数は80m=1分として算(端数切り上げしたものです。車の所要時間は一般道路時速40km(端数切り上げで計算しています。
  • ■交通所要時間は、時刻運行表に基づいた日中平常時のもので時間帯により異なります。また、乗り継ぎ待ち時間、信号待ち、ラッシュ等道路状況は含まれておりません。
  • ■高速道路における所要時間は、規制速度をもとに時速60km~100kmで計算しています。
  • ■交通アクセスについては、2019年7月現在の情報です。
  • ■掲載のプラン・イラストは計画段階の図面を基に作成したイメージで実際とは多少異なります。また、施工上の理由及び改良のため変更することがございます。
九電不動産の次世代オール電化分譲マンション グランドオーク六ツ門(仮称)プロジェクト始動 九電不動産の次世代オール電化分譲マンション グランドオーク六ツ門(仮称)プロジェクト始動
ページトップへ